社会起業家支援

社会起業家を全面的にバックアップします!

「この問題を何とかしたい」 強い思いを抱く起業家を待っています

2025年には、認知症の患者数が730万人、予備軍を入れると1300万人規模とも言われる超高齢社会が到来しようとしています。 また、人口減少により、働き手に比べ高齢者の数が多くなることから、働き手の社会保障負担は益々重くなりつつあります。 子供を育てやすい環境の整備や少しでも高齢者が元気に暮らせる仕組みづくりが、すべての国民に求められています。

今までにも、この状態を改善すべく、立ち上がった起業家はいます。
上手くいっている事例もあれば、悪戦苦闘を繰り返す方も多くいらっしゃいます。

上田会計では、こういった志を持った方を少しでも支援したいと考え、社会起業家(ソーシャルアントレプレナー)の発掘、支援体制を整えました。 上田会計が4年連続で150件以上起業家をインキュベーションしてきた実績を活かし、アイディアをビジネスプランに仕上げ、会社設立、融資など事業資金の調達や補助金の申請、 行動計画の具体的な立案、予定と計画の差異分析、継続的なPDCAといったサポートを社会起業家にも提供して参ります。

アイディアだけでは絵に描いた餅に過ぎません。積極的な実行が問われています。また、立上げ後の社会起業家の課題は、「持続可能性」。 志はいかに良くても、継続が可能でなくては意味がありません。社会的な課題を解決する社会起業家からのご連絡をいつもお待ちしております。

お電話・Webからのお問い合わせ

お問い合わせ

社会起業家募集コンテストを実施します!

都市が抱える社会的な課題を解決するビジネスプランを募集します。
優れたプランを一つ選び、上田会計のオリジナル事業計画作成支援メニュー(商品名「スマイルマップ」)を無償で提供します。 アイディアを実現するチャンスです。是非皆様のビジネスプランをお聞かせください。お待ちしています!

上田会計では、補助金の説明会や無料相談会を実施しています。本コンテストのことなどもいつでもお問い合わせください。

音楽療法セミナー開催レポート

11月22日に米国認定音楽療法士が教える「体感する音楽療法セミナー」を開催しました。

音楽療法セミナーの様子

医師や看護師など医療関係の方や介護福祉分野で働く方、ご家族の介護や音楽療法に興味を持った方が30名ほど参加されました。

講師にお招きしたのは、ホスピス緩和ケアの音楽療法を専門とする米国認定音楽療法士の佐藤由美子さん。
佐藤さんは、バージニア州立ラッドフォード大学大学院音楽科を卒業後、オハイオ州シンシナティのMusic Therapy Servicesに属し、 ホスピスで10年間音楽療法を実践されてきました。2013年に帰国され、現在日本で音楽療法の普及のために活動されています。

アメリカのホスピスで出会ってきた患者さんやご家族とのエピソードを交えながら、音楽の持つ力について語られた「ラストソング人生の最後に聴く音楽」が 昨年11月にポプラ社から出版されました。

人間には人生において光と影があり、人生のそれぞれの場面で聴いた音楽に心を癒されたり、勇気づけられたことが誰にでもあるのではないでしょうか。 最後の力を振り絞って人生を全うする時や愛する人が最後を迎える時などに、以前に聴いた思い出深い音楽がこれほどまでに人々に力を与えることができるのかを実感できる 10篇のストーリーが語られています。

セミナーは、車座になり、佐藤さんのギターの演奏と歌(Love Me Tender)を静かに聴いて、どう感じたかをシェアすることから始まりました。
シェイカー(日本のお手玉のような鈴が入った楽器)を使い、参加者が輪になり協力しあって行うゲームなどを通して、音楽療法の体験が進みます。 また、音楽療法の基礎的な知識やその効果、セルフケアの必要性についての説明も伺いました。
出席者から、アメリカでの音楽療法に対する人々の意識や音楽療法士としての仕事について質問があり、日本の介護現場での体験もお互いに披露しながら、穏やかで和やかな、あっと言う間の2時間でした。

世界のソーシャルアントレプレナーの紹介

電気のいらない給水塔「WarkaWater」

世界には女性や子供が長い時間歩いて、決して安全とは言えない水を汲んで運ぶという重労働をしている現実があります。

イタリア人のアルトゥロ・ヴィットリさんが考案したのは、電気のいらない給水塔「WarkaWater」です。天候の過酷なエチオピアでも簡単に設置でき、電気もいらず、 温度差を利用した結露によって発生する水を1日で100リットル近く大気中から集めます。

軽くて丈夫な竹で組んだ格子の枠の内側に化学繊維でできた網を張って、一番底に水を受ける容器を置き、網を伝って落ちてきた水を集めます。
竹素材なので軽く、簡単に組み立てられ、設置した後は大気中から飲料水を集めることが可能になる仕組みです。

社会的な課題を解決するビジネスに補助金が出ます。チャレンジしましょう!

東京都の補助金「地域資源活用イノベーション創出助成事業(地域中小企業応援ファンド)」が今年度も募集されます。
東京は少子高齢化の進行、環境問題、安心安全の確保などの日本が直面する課題が顕著に表れる地域であり、社会的な課題を多数抱えています。 こうした社会的な課題を解決する、新たな取組を行うビジネスを東京都が支援してくれます。助成金の限度額は800万円、2年間にわたって助成してくれます。

病児保育サービスを展開する認定NPO法人フローレンスもこの補助金を活用しました。社会的な問題を解決したいという志を持った方は必見の補助金です。 補助金の概要は下記のとおりです。

子育て支援

  • (1)申請資格: 次のいずれかに該当する方
    • ① 中小企業者(会社及び個人事業者)
    • ② 組合等
    • ③ 一般財団法人、一般社団法人、特定非営利活動法人
      (都内に事業所を持ち、開発拠点も原則都内にあり、法人は都内に登記、個人は都内税務署に開業届を出していること)
    • ④ 東京都内で創業を具体的に計画している方
    • ⑤ 複数の企業等で構成される中小企業グループ
  • (2)助成金限度額: 800万円
  • (3)助成率: 1/2
  • (4)助成対象期間: 交付決定日から最長で2年間
  • (5)助成対象経費: 商品・サービスの開発に要する経費、機器備品、システム構築費、事務所経費、広告費などです。
  • (6)申請期間: 平成27年5月25日~平成27年5月29日(申し出期間:平成27年3月5日~平成27年5月15日)

申請のスケジュールから考えると、今から事業計画を練らないと間に合いません。
上田会計では、社会的な課題を解決する起業家を広く募集しています。

補助金説明会や相談会を開いています

社会起業家を育成するために無償で事業計画の作成と補助金の申請をお手伝いします。
皆様のビジネスプランを是非お聞かせください。

補助金の概要説明と個別相談会を下記のとおり実施します。

ご不明点やお困りごと!まずはお気軽にご相談ください!

お問い合わせ

TOPへ戻る

コンテンツメニュー

  • トップページ
  • 創業融資
  • ものづくり補助金 創業補助金
  • 成長を加速するスマイルマップ
  • 社会起業家支援
  • 新着情報
  • 事務所案内

まずはお気軽にご相談ください 0120-944-567 【電話受付】平日10:00~18:00

お問い合わせ